【アニサマ2022】新曲の特大振り幅、憧れのやなぎなぎコラボに打ちのめされた鈴木みのり歌唱レポ

アニサマ2022 鈴木みのり レポート

「Animelo Summer Live 2022 -Sparkle-(アニサマ)」、行きました。まず一つ言いたいことは「鈴木みのりさんの出番がマツケンサンバ後じゃなくてよかった」です。マツケンサンバ以降の記憶がほぼ残っていません。鈴木さんも踊っていたことだけは辛うじて覚えています。

そして鈴木さんの歌が好きです。思った時に言葉にするの大事。どのライブでもそう思うんですが、キャラへの感情が入らない分より強く感じられるのがソロのいいところ。

セトリ

  1. Wherever
  2. BROKEN IDENTITY
  3. エフェメラをあつめて ※やなぎなぎさんコラボ

全体的には、落ち着かせて→ぶち上げて→また落ち着かせるという「振り幅の人」鈴木みのりさんらしいセトリだったのではないでしょうか。とはいえWhereverは完全初披露、BROKEN IDENTITYはリリイベぶり2回目の歌唱ということで、昨年以前の鈴木さんとはまた違った姿を見せてくれた機会でもありました。

Wherever

初披露のWherever、しっとりだけど体を動かしたくなる新感覚。これまでのしっとりは「夜空」や「crosswalk」などのように「聴き入る」タイプの曲が多かったんですが、Whereverは「音の波に乗る」といったところ。伸びる声、心地良いビブラートに身を任せていると気付けば曲は終わり。体感2分ぐらいでした。

BROKEN IDENTITY

そして鈴木みのり史上最も激しい曲、BROKEN IDENTITY。リリイベの時に「この曲は大きい会場・生バンドで真価を発揮するんじゃないか」と思っていたんですが、まさにその通りでした。「鈴木さんの甘い声にこの曲は合わないんじゃないか」というイメージも、大音量の演奏も、持ち前の声量でぶち抜いていく。

鈴木さんのパワーの部分って、音源だけだとなかなか伝わりにくい部分なのかなと思っているんですね。それこそソロやワルキューレ、「あらかね」「限りなく」などをライブで浴びている人との認識の差が大きいような気がします。その点BROKEN IDENTITYは分かりやすくパワーを伝えられるので、元気の「FEELING AROUND」、しっとりの「夜空」「エフェメラをあつめて」と並んで、新たな名刺代わりの1曲になるんじゃないでしょうか。

エフェメラをあつめて

この2曲で終わりかと思いきや、流れてきたのは「エフェメラをあつめて」のイントロ。3曲目ということはコラボ、
エフェメラに関連する出演者といえばそう、作詞をしているやなぎなぎさん。

やなぎなぎさんといえば、鈴木さんがデビュー前からのファンであることを公言しているアーティストです。そのうえエフェメラは、昨年のMMSツアーしかりアニサマしかり、鈴木さんの感情が洪水を起こしやすい曲。それを憧れの人と一緒に歌えるとあって、やはり声を詰まらせる場面もありました。そんなものを見せられたぼくは目汗ドバドバです。

歌い終わった後には「なぎさんに早く出てきてほしくてMCめっちゃ巻きました」とのこと。たしかに今日すごい早口だなとは感じていましたが。
あれだけ洗練されたパフォーマンスを見せつつ、最後はただのヲタクに戻って締めるのもまた、らしさでしょうか。

10/23(日)には、やなぎなぎさんの10周年ライブへのゲスト出演も決まっているのでね。エフェメラに加えて、やなぎなぎさん作詞作曲の「astro traveler」の予習もよろしくお願いしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました