【ウマ娘】アグネスデジタルとキングヘイローの関係を解説|デジたんを導く師匠

アグネスデジタルとキングヘイロー アグネスデジタル(ウマ娘)

ウマ娘のアグネスデジタルとキングヘイローの関係について解説。デジタル育成シナリオで生まれた師弟のような関係や史実同様のマイルCSでの対決、キング本などの絡みについても記載しています。

アグネスデジタルとキングヘイローの関係

アグネスデジタルとキングヘイローの関係

アグネスデジタルとキングヘイローは、トレセン学園に通うウマ娘同志です。アグネスデジタルにとっては最推しの1人で、育成シナリオでは、迷いの中にあるアグネスデジタルをキングヘイローが導く師弟のような関係にも発展しています。

 

史実では?

史実では、2000年のマイルチャンピオンシップシップにて直接対決をしています。結果は、ゴール直前で最後方から差し切ったアグネスデジタルがG1初勝利を挙げました。

迷えるデジたんを導くキング

一流の条件

対象イベントアグネスデジタル育成イベント
「夏合宿(2年目)にて」
「夏合宿(2年目)終了」
「一流の条件」
「マイルCSにむけて」
「マイルCSの後に・キングの訓示」

夏合宿で出会った2人は、併走トレーニングをすることになります。しかし、ウマ娘としてデビューしレースの裏で流れる涙を知ったデジタルは、本調子でないキングに対して全力を出せません。

そんな態度をキングは「おばか」と評し、自らが足掻き続ける姿を通して、一流が宿る本当の場所をデジタルに示します。

キングの金言

そして、史実同様マイルCSで2人は直接対決に臨みます。悩みを振り切ったデジタルとスランプを抜けたキング、戦いの後にキングがかけた言葉は「ライバル不在」というオールラウンダー故の欠点を克服するヒントにもなりました。

 

アグネスデジタルとキングヘイローの絡み

キング本執筆が本人バレ

キング本

対象イベントアグネスデジタル育成イベント
「夏合宿(2年目)にて」

キングメインの同人誌の構想をトレーナーに離すデジタル。通りがかったキング本人にしっかりと聞かれてしまいます。この後のキングとのやり取りを経て、キング本はキングを励ますためのものとして形になりました。

キンググッズをキング本人に進呈

キングとデジたんのトレード

対象イベントアグネスデジタル育成イベント
「トレードさせていただきますっ!」

「ウマ娘チョコたまご」にてグッズ化された自分を獲得したいキング一行。自引きができず苦しむキングたちの前に表れたのは、大量買いヲタク・アグネスデジタルでした。トレードという形で推しの役に立ててしまったデジタルは、はぁはぁします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました