【ウマ娘】アグネスデジタルとメイショウドトウの関係を解説

アグネスデジタルとメイショウドトウ アグネスデジタル(ウマ娘)

ウマ娘のアグネスデジタルとメイショウドトウの関係を解説。トレセン学園中等部に揃って通う2人の、落とした財布から生まれた尊み溢れるやり取りや、いずれ訪れるであろう史実ともリンクした対決の可能性についても紹介しています。

アグネスデジタルとメイショウドトウの関係

アグネスデジタルとメイショウドトウの関係

アグネスデジタルとメイショウドトウは、ともにトレセン学園の中等部に通う生徒です。片や早口で奇声を発するヲタク、片や内気なドジっ子と、性格的には正反対と言っても大げさではありません。

 

史実では?

アグネスデジタルとメイショウドトウは、史実ではどちらも2000年前後に活躍した競走馬です。直接対決は2001年の天皇賞(秋)が有名で、当時二強体制を築いていたテイエムオペラオー・メイショウドトウを、アグネスデジタルがまとめて差し切り勝利を収めています。

アグネスデジタルが初めての助言をした相手

アグネスデジタル メイショウドトウ

ウマ娘ちゃんヲタクとして、推しへの不介入をモットーにしていたアグネスデジタル。しかし、メイショウドトウの伸び悩みの原因を自分だけが分かっている状況、レースを走るウマ娘となったことによる心境の変化が、不介入の誓いを破る決意をさせました。

超えるべき壁として対峙

アグネスデジタル メイショウドトウ 対決

デジタルのアドバイスの甲斐あって、トップクラスの強者に成長したドトウ。ドトウが慕うテイエムオペラオーとのぶつかり合いはデジタルに尊みを超えた景色を見せ、デジタル自身も2人に並ぶウマ娘になりたいという決意を引き出します。

最大級のリスペクトを以て、芝もダートも問わないオールラウンダーとして強くなる道を選んだアグネスデジタル。最終決戦となる天皇賞(秋)では、ドトウはオペラオーとともに超えるべき最後の壁として対峙します。

 

アグネスデジタルとメイショウドトウの絡みまとめ

2人が絡むイベント
アグネスデジタル育成シナリオ
メイショウドトウ育成イベント
「ベストショットの行方」
ホーム会話

ドトウの手厚いファンサでとどめを刺されるデジたん

推しのファンサが手厚すぎる

オペラオーから「テイエムオペラ王国の名誉国民」の座を与えられた喜びでキャパオーバーになったアグネスデジタル。メイショウドトウは心配して保健室に連れて行こうとしますが、それはデジタルの興奮を更に押し上げるもので、無事血反吐を吐くことになりました。

ドトウの財布を拾ったデジたんの行動

メイショウドトウの財布を拾ったアグネスデジタル

メイショウドトウが落とした財布を拾ったアグネスデジタル。「ウマ娘ちゃんへの接触はギルティ」を信条とするアグネスデジタルは、財布を直接渡すことはせず、トレーナーを介して届けようとします。

感謝の撮影会

アグネスデジタルとメイショウドトウ

アグネスデジタルは、感謝の証としてメイショウドトウとのツーショット撮影を提案されます。撮影が始まると、照れるメイショウドトウの姿に興奮を隠しきれません。

オペラオーの真似に尊みを噛みしめるデジたん

テイエムオペラオーの物真似をするメイショウドトウに悶えるアグネスデジタル

笑顔ができず苦しむメイショウドトウにトレーナーがかけた言葉は「頭の中で笑顔をイメージしよう!」。とっさに出た笑い声は、1番強く印象に残っていたテイエムオペラオーのものでした。

あまりの尊さにアグネスデジタルの言葉は詰まり、メイショウドトウを既に推している事実を忘れ再度推そうとしてしまうほど。

抱きつかれて取り乱すデジたん

メイショウドトウに抱きつかれたアグネスデジタル

笑顔ができず苦しむメイショウドトウにトレーナーがかけた言葉は「少し走る?」。リラックスのために走るメイショウドトウでしたが、疲れからか足が絡まり、体はアグネスデジタルの元へ…。

勢い余ったメイショウドトウに抱きつかれたアグネスデジタル。大好きなウマ娘との接触による興奮は凄まじく、理性を超えて笑顔と奇声が止まらなくなってしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました