【リスアニ2022レポ】これが鈴木みのりだ!圧倒的振り幅の表現者が武道館で作り上げた世界

リスアニ2022 レポート

明けましておめでとうございます。リスアニ、2022年初めての鈴木さん生歌でした。

いつもそうなんですが、この方の歌を聞いている間だけはものすごく満たされた気持ちになるんですね。鈴木みのりさんの歌からのみ摂取できるなにかがあるようで、だから今年もまた追いかけ続けるんだなと再認識できました。

鈴木さん以外ではMay’nさんの射手座でマクロス成分を、サニーピースで北川勝利さん成分を摂取できたのが嬉しいなの気持ちです。以下ライブのセトリと感情を書き連ねていきます。

リスアニ2022のセトリ

FEELING AROUND
まいっちゃう
エフェメラをあつめて
夜空
サイハテ

これが鈴木みのりだ!と叫びたくなる振り幅全開のセトリ。

出だしからイヤリングが吹き飛ぶほどの勢いでネギを振り回したかと思えば、後半3曲は観客を座らせてのバラード連打。ゆるーいMCすらもフリとして機能してしまうのが天性のエンターテイナーたる所以でしょう。直前まで嬉々としてBEYOOOOONDSネタを話していた人が、曲が始まった瞬間に別人のような顔になるんですから。

ヲタクの贔屓目かなと思ったりもしますが、MCの冨田さんの「鈴木さんに出ていただくことによって、リスアニライブという音楽フェスが豊かなものになった」という言葉で全部肯定された気になれました。自分が大好きな歌の大好きなところは、自分以外の人にもしっかり届いているんだなと。

そして、リスアニでアルバム曲「まいっちゃう」は誰も予想できないでしょう。毎日のように聞いている曲なのに、脳みそが「まいっちゃう」を「まいっちゃう」として認識するまでにずいぶん時間がかかったのが印象深いです。

そしてそして、改めて「サイハテ」はすごい曲ですね。世界の広さを感じさせる曲調と歌唱は、大きな会場・生バンドが似合います。サイハテはアニサマ・リリイベ以来の生歌唱でしたが、過去にも増して洗練され、凄みを増した印象です。

大げさな表現かもしれませんが、サイハテという曲は「声優であり歌手でもある」ことを突き詰める表現者・鈴木みのりの名刺的なものにこれからなっていくんじゃないかと。そう思うぐらいに心を動かされる、圧巻のパフォーマンスでした。

新曲「BROKEN IDENTITY」もお忘れなく

トークコーナーでしれっと発表された新曲「BROKEN IDENTITY」もお忘れなく。「鈴木みのり名義の楽曲を今まで1回でも聴いた事のある方全員がビックリすること間違いないパワフルな曲」とのことです。開けたことのない引き出しを次から次へと覗けるのは、鈴木みのりのヲタクだけが味わえる楽しみ。毎秒救われる歌は今年も健在です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました