【鈴木みのり】「REIJINGSIGNAL PARTY」イベント昼の部のレポート。レイジンは確かにいた

REIJINGSIGNAL レポート

「REIJINGSIGNAL PARTY 〜おいでマモーレ達!今夜のご馳走はキミだ!〜」イベント昼の部に行きました。元を辿ると2020年の8月に開催されるはずだったイベント、振替を経てついに実現したレイジン3人の集結について話したいやつです。私情により視点が鈴木みのりに大きく寄っている点だけご了承ください。

関連記事鈴木みのりのキャラ一覧

レイジンはそこにいた

 

幕が開く、爆音。そこで歌い踊っていたのは強く真っ直ぐなララリン、ねっとりと色気溢れるスモモネ、そして気だるげに囁くようなういうい。なんと衣装までアニメ準拠!あの場所で、確かにREIJINGSIGNALは存在していました。

レイジンイベントのセトリ・企画まとめ

企画内容
オープニング・Parallelism Crown
MC・自己紹介
・衣装の解説
あべこべ生アフレコ・ほわんがごちそうに選ばれるシーン
・魔法少女プラズマジカ
REIJINGSIGNAL
ナイト出張版
・お悩み相談
・セクシー対決
・あざとさ対決
レイジンが
カラオケに行ったら
鈴木みのり
「noche blanca」
「檸檬と蜂蜜」
芹澤優
「Plastic / Jewelry Tune」
「エールアンドレスポンス」
Lynn
「Dazzling」
「How To Fly」
LIVEコーナー・ネオンテトラの空
・Vivid

※企画の文言はうろ覚えです…

ういういとしての歌い方

REIJINGSIGNAL

今回がレイジンの初イベント、つまり鈴木みのりが公の場でういういとして歌う初めての機会です。気になるのはやはり、歌の中でういういをどう表現するのか。声だけでなく表情や身振りなど持てる要素をフルに使って表現する方なので。

結果は、冷徹強欲頭脳担当らしく「表情を変えずに歌う」というものでした。素直に新鮮です。コロコロ変わる声色や表情に惹かれたクチなので。しかし、どのキャラとも違う、これがういういとしての歌唱なんだ!と明確になったことは何よりも大きいです。

レイジンはまだ始まったばかり、今後への期待も膨らむばかり。10月の「ガールズバンドふぇす!!」にも必ず行くぞという思いで明日を生きていきます。

「noche blanca」

ういういのソロ曲「noche blanca」も、ワンコーラスだけですが初披露。ありがとうございました。特にサビの声の伸びは格別で、今も体中の細胞が喜びで震えています。

しかしこの曲、聞けば聞くほど異質です。生で見ると余計に。普段は表情を変えずどこか気だるげに歌っているういういですが、この曲では感情を爆発させるような激しさを感じます。いつ、どんな心境でこれを歌ったのか…。ほりざげでほじい。

へにゃへにゃから歌モードへの切り替え

もちろん企画コーナーも楽しいものでした。終始和やかな雰囲気で、特に芹澤優さんは「NEXT SMILE」で一緒に活動しているからか「優ちゃん」と呼ぶ場面も見られるなど。

そして現場にいてよかったとある意味一番強く感じたのは、MC中のへにゃへにゃモードから歌モードに切り替わる瞬間が見られたことです。この振り幅の大きさは、鈴木みのりの魅力の源泉のひとつだと個人的には思います。

配信ではなかなか映らない場面なので、現地に行くことがあればぜひ注目してみてください。何かと大変なご時世ですが、明日を生きる力をもらえました。また会う日まで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました