【ネタバレ注意】ちょっと抱えきれないので「劇場版マクロスΔ 絶対Live!!!!!!」の話がしたい。

絶対Liveネタバレ フレイア・ヴィオン(マクロスΔ)

※ネタバレ注意「劇場版マクロスΔ 絶対Live!!!!!!」見てきました。内容についてはしばらく触れないつもりでいたんですが、ちょっと抱えきれないので吐き出させてください。

劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!とは

公開日2021/10/8(金)~
時系列「劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」の続き
関連記事
(ネタバレなし)
▶フレイアの老化と寿命について解説
▶フレイアとハヤテの関係とその後を解説
▶ヤミキューレのメンバーや声優を紹介

※まだネタバレはありません。これから見るよという方は今のうちに引き返してください

マクロスΔの完全新作「劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!」は、2021年10月8日から公開されています。ワルキューレの対となるユニット「ヤミキューレ(Yami_Q_ray)」や初代マクロス・7から「マクシミリアン・ジーナス(マックス)」の登場など、サプライズ要素も盛りだくさんです。

ここから100%ネタバレです

守りたい、この笑顔
守りたい、この笑顔

マクロスΔはやり切った

マクロスΔとしては、これ以上ないぐらいにやり切った作品だと思います。ここまで踏み込んできたらすごいな、と想像していたラインの更に先を行ってくれたなと。激情のワルキューレにて、TVアニメ版から削られた要素(ハヤテ父、共鳴による暴走、レディMの正体など)もしっかり活用されていました。

マックス・エキセドルコンビの登場、シャロン・アップルの発展型であるヤミキューレなど、過去作からのネタも豊富。「歌は狂気」たる闇フレイアもまた魅力的です。闇フレイアの足ブラブラたまらんし、ピンチなのに曲が良くて聴き入ってしまう。ヤミキューレ、中の人は同じなので大枠はワルキューレを引き継ぎつつも、曲調から歌い方まで全然違うという。お得感がすごいです。

ハヤテとフレイア

フレイア 結晶化
「劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!」 本予告より

そしてハヤテとフレイア。あれがハッピーエンドだと言い切れる程にはまだ整理できていませんが、フレイアの人生は短くとも不幸なんかじゃないということは断言できます。現実と向き合い、ハヤテとフレイアが2人らしく一緒に生きることを選んだ結果なので。一度だけの恋、一生で一番の愛を余すところなく伝えられたうえ、自らの歌で未来に命を繋げられたという結末は悲しくも美しいものでした。

寿命という、種族としての絶対的な差がある2人。「同じ時間を生きられない、それでも一緒にいたい」ということが前提にある以上、ハヤテとフレイアの関係を追求するなら、その終わりまで描いてこそだよねという気持ちは持っていました。だから、100%生き切った姿を描いてくれたことには大満足です。「どこで歌うのをやめるか」というのはいずれ必ず向き合わなければいけなかった問題ですから、たまたまそのタイミングが今作で、相手がクロムウェルでありヤミキューレだっただけなんだと。仮に戦争がなかったとしても、宇宙のどこかで助けを求める人がいればフレイアはルンを輝かせて歌うでしょう。

そんな物わかりのいい自分とは別に「ご都合主義でもなんでもいいから結晶化という概念を消し去ってほしい、プロトカルチャーの遺産のスーパーパワーでしわくちゃになるまで一緒にいてほしい」と駄々をこねる自分も同時に存在していて。満足している気持ちと同じぐらいに、もうフレイアのこの先を見られないんだという喪失感も大きいです。ただ、ここまで心を揺さぶってくれる作品・キャラクターに出会えたことはすごく貴重ですから、この辛い気持ちも含めてマクロスΔから生まれた感情を大事にしたいなと。

初回視聴時はどこか現実味がないというか、フレイアの死を受け止めきれなかったところがありました。その展開をもちろん想定はしていて、覚悟もしていたんですが、それでも認めたくない気持ちが強かったんでしょうね。心の中にポッカリと穴が空いたような感覚、鈴木さんは「この5年間、ずっとフレイアと一緒に生きていたんだ」とパンフレットで言っていましたが、確かにフレイアは生きていたんだなと実感します。フレイアという存在は、大きなりんごの木のように自分の心の中の深いところで根を張っていて、一生ここにい続けるんだということを確信できる、そんな作品でした。

余談ですが「唇の凍傷」はつよい。「ワルキューレぴあ」で鈴木さん・安野さん・東山さん・西田さんがおすすめとして挙げていたので注目はしていましたが。後半に激重パンチを散々くらったのに、序盤も序盤で歌った曲の印象が強く残ったままなのはすごいなって。アルバム早く届いてほしいです。

絶対Live関連の音源詳細
【発売】
2021/10/13
【ワルキューレ3rdアルバム】
Walkure Reborn!
ヤミキューレ サントラ【発売】
2021/10/20
【ヤミキューレ歌唱曲も収録】
「劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!」 オリジナルサウンドトラック

コメント

  1. Kの助 より:

    「大きなりんごの木のように根を張って…」すごく良い表現ですね。
    フレイアの喪失感は現実味があって、処理しきれないのが凄いです…
    彼女は現実に存在していたんだな、と感じると同時に
    フレイア、ワルキューレ、マクロスΔをいかに愛しているか思い知らされた映画でした。
    今までΔが続いたように、フレイアの笑顔がまたみれる日がくると嬉しいですね…
    (自分語りのようになってしまっていたら、申し訳ないです;)

    感想、素敵な言葉にして下さりありがとうございました。
    読んで同じように感じてる人がいるとわかり、心が少し楽になりました。

  2. さくら より:

    マクロスはF迄で、何となくユニットアイドルっぽいのが苦手で、食わず嫌いでΔを見ていなかったのですが……
    今年に入ってF目的に観に行く予定でしたが、Δも観る以上予習しておかないとと劇場版1作目をレンタルして観て、あぁ本当に食わず嫌いなだけでこんな良い作品なぜリアルタイムで観なかったのかと後悔してました。
    今回2日目ではありますが劇場版を観に行き、最後の展開を見てショックを受けたものの、この話をリアルタイムで映画館で見れた事が嬉しかったし感動しました。
    最後に流れる『ルンに花咲く恋もある』は正に劇場版のフレイアの全てを表してるようでした。曲の最後の最後に『ニヒヒ』と小さな笑い声が入るのがどうしようもなく切なくて、それが入場時に特典で頂いたフレイアの笑い顔が重なって年甲斐も無く号泣しました。作品に携わったスタッフの方々には感謝感謝です、本当に良い作品でした!
    同じ時の中でこの作品の感動を分かち合える事が出来て本当に良かった。

  3. LOGNER より:

    個人的には「マクロス・愛おぼ・プラス・ZERO・7・F・Δの小ネタ回収劇」だと思っています。そう思わないと劇場で毎回号泣しそうです。
    初見時は号泣したんですけど。
    マクシミリアン・ジーナス(初代)
    ・「ただの天才だ」自分で言っちゃたよこの人
    マクロス・アストレア(ZERO・F)
    ・艦首に甲板が一枚形状になる事やカタパルト周りの形状からギャラクシー級が元
    ・外見の〇型が特徴的なのは「鳥の人」
    マクロス・ギガシオン(F)
    ・空戦機動するのはクォター級のお家芸
    記録参謀(初代・7)
    ・この人、製造されて何年目なんだろう
    メガロード01(愛おぼ)
    ・メガロード・美沙・ミンメイ。みんなMだと気が付いたのは二回目観た時
    ・実はレディMは特定も人じゃなくてメガロードでありミンメイであり美沙である?
    ・次元干渉で一寸見えたのは左側に立ってるのが美沙で右側に立ってたのはミンメイ?
    シャロン・アップル(プラス)
    ・ヴァーチャロイドで、かつ、生体装置で感情獲得。そのまんま使ってるし。
    工場衛星(初代)
    ・奪取作戦。あったなぁ、そんなの。
    ピンポイントバリア(プラス以降)
    ・工場衛星にも搭載(後付け?)できるのか
    YF-29(F)
    ・どこで手に入れたんだろう。ってSMS謹製だった。
    惑星エデン(プラス)アース(初代)バジュラ(F)
    ・あれ?バロータ星はハブられた!?
    艦橋オペレータ(初代)
    ・早瀬美沙をメルトラン耳(エルフ耳)にしただけじゃないか。劇場で吹いたわ!
    その他オペレータ娘(7)
    ・ブリッジ要員に女性しか入れないからマックス艦長は浮気疑惑が50年も続く
    最終決戦その1(愛おぼ)
    ・歌姫・恋人の前に出てミサイル撃ち落とす・守るシーン
    最終決戦その2(愛おぼ・F)
    ・歌姫・恋人を一瞥してファイター形態ですっとんで行くシーン
    最終決戦その3(プラス・F)
    ・艦橋に対空砲火を躱して突撃する・突入するシーン
    ・ついでに対空火器巻き添えで破壊する
    デストロイド部隊その1(F)
    ・シャイアンⅡは相変わらず脆いな!
    デストロイド部隊その2(F)
    ・ケーニッヒモンスター?にしては丸っこいので系列機の可能性も
    ざっと思い出してこの程度。
    6回ぐらい見るとまた思い出すかな。

タイトルとURLをコピーしました