【義妹生活】読売栞の人物像:ミステリアスな読売先輩の本心に迫る

読売栞ってどんなキャラ?

アニメ化も決定しているメディアミックス作品「義妹生活」。義妹生活の中で、鈴木みのりさんが演じるキャラ「読売栞」のプロフィールや性格などの特徴、関わりが深いキャラなど原作での立ち位置について紹介していきます。

関連記事
鈴木みのりのキャラ一覧
目次

読売栞ってどんなキャラ?

読売栞は主人公・浅村悠太のバイト先の先輩

読売栞

読売栞は「義妹生活」に登場するキャラクター。通称「読売先輩」。義妹生活の主人公・浅村悠太のアルバイト先である書店の先輩店員として登場する。

親の再婚とともに突然始まった同級生の妹・沙季との同居にまつわる相談を真っ先に持ちかける、2人で映画やゴルフの打ちっぱなしに行くなど、悠太と栞の距離は近い。栞はバイト中に頻繁にナンパされるほどの美人だが、悠太は栞が美人であることは認めつつも、「頼れる男の先輩みたいなもの」と評する。

本心を悟らせないミステリアスな性格

読売先輩

悠太に向けて突然思わせぶりな発言をしてみたり、余命が半年だという冗談を言ってみたりと、栞は本心を悟らせないミステリアスな言動が多い。

悠太と沙季の間にも妖しい笑みを浮かべながら首を突っ込むなど「年上のお姉さん」としての振る舞いが目立つが、大学で所属するゼミの准教授・工藤英葉とのやり取りでは言い負かされムキになるなど年相応の一面も見せる。


余命半年の件は冗談としてサラッと流されたものの、いつもロジカルかつ合理的な読売先輩らしからぬ不自然な発言だったので、後々爆弾になるような気がしなくもないところです。

読売栞はヒロイン・紗季の先輩にもなる

綾瀬沙季と読売栞

栞と悠太の距離の近さは沙季に嫉妬の感情を呼び起こし、沙季が悠太への恋愛感情を自覚するきっかけに。沙季が2人の務める本屋の面接を受けたことで、読売栞は沙季にとっても先輩となる。

嫉妬の感情こそありつつも2人の関係自体は良好で、栞が誘った自身の通う大学のオープンキャンパスが沙季の進路を決めることにもなる。

本編より前、読売先輩視点のスピンオフも

「漫画エンジェルネコオカ」で投稿されたスピンオフ動画では、義妹生活本編より前、浅村悠太との出会いの話が描かれている。


本編は悠太・沙季の視点で進むので、読売先輩のモノローグってとても貴重。これを見る限りだと、本編時点では特別な感情を持っていても不思議ではない気もしますが、本心はいかに。

読売栞の声優は鈴木みのり

鈴木みのりの主な出演作品演じたキャラクター
マクロスΔフレイア・ヴィオン
プロジェクトセカイ東雲絵名
ウマ娘プリティーダービーアグネスデジタル
アイドルマスター
シンデレラガールズ
藤原肇
プリンセスコネクト!Re:Diveリリ
PLUTOウラン

読売栞の声優は鈴木みのり。YouTube動画や小説の特典ASMRなどで声を当てており、TVアニメでも引き続き読売栞を演じることが決定している。

 

読売栞はASMR供給が豊富

第2巻初回限定特典ASMR
第3巻初回限定特典ASMR
アニメ化決定記念ASMR視聴PV

CV.鈴木みのりのASMRは配信番組「マクロスがとまらない」の企画で一度やったのみで、パッケージ化されているのは読売栞としてのものが唯一。

読売栞はVTuberでもある

読売栞にはLive2dモデルが存在し、義妹生活公式チャンネルで「バーチャル書店員・読売栞」として活動している。テーマは名作小説や漫画を1分で紹介するというもの。

義妹生活とは

義妹生活

高校生の浅村悠太は、親の再婚をきっかけに、学年で一番の美少女・綾瀬沙季と一つ屋根の下で兄妹として暮らすことになった。
互いに両親の不仲を見てきたため男女関係に慎重な価値観を持つ二人は、歩み寄りすぎず、対立もせず、適度な距離感を保とうと約束する。
家族の愛情に飢え孤独に努力を重ねてきたがゆえに他人に甘える術を知らない沙季と、彼女の兄としての関わり方に戸惑う悠太。
どこか似た者同士だった二人は、次第に互いとの生活に居心地の良さを感じていき……。
これはいつか恋に至るかもしれない物語。
赤の他人だった男女の関係が、少しずつ、近づいていき、ゆっくりと、変わっていく日々を綴った、恋愛生活小説。

小説

1巻2巻3巻
義妹生活1義妹生活2義妹生活3
4巻5巻6巻
義妹生活4義妹生活5義妹生活6
7巻8巻9巻
義妹生活7義妹生活8義妹生活9
10巻
義妹生活10

漫画

1巻2巻3巻
義妹生活漫画1義妹生活漫画2義妹生活漫画3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ワルキューレがきっかけでした。
精神的に参っている時、歌で救われたのが執着の始まりです。中でも、コロコロと表情や声色が変わる赤い服を着た人から目が離せず、気がついたらこんなサイトを作っていました。

コメント

コメントする

目次